三保町内科・循環器クリニック

(みほちょうないか・じゅんかんきくりにっく)

院長:小野 文明

病院メイン画像

地図表示 地図印刷 My病院へ登録する

〒226-0015

横浜市緑区三保町1803-1フレンズナカヤマ1階B・102号

電話045-936-0034


Webhttp://www.mihonaika-cl.com/


診療科内科 循環器内科 小児科


休診日火曜日・日曜日・祝日

休診・診療時間変更のお知らせ

  • 診療時間
  • [午前] 9:00~12:00
  • [午後] 15:00~18:30

▲…土曜午後は12:00~14:00までの診療となります。
≪予防接種・検査≫
月・水・木・金:14:30~15:00
土:14:00~14:30

≪休診・診療時間変更のお知らせ≫
年末年始は12/30(日)~1/3(木)迄、休診とさせていただきます。

特殊診療・設備の特徴

予防接種・検査も実施しています。

【検査項目】

レントゲン撮影、血液検査、心電図、負荷心電図、ホルター(24時間)心電図、心エコー、血管エコー、腹部エコー、

呼吸機能検査、24時間血圧計、終夜睡眠ポリグラフ(睡眠時無呼吸検査)、血糖・ヘモグロビンA1c迅速検査

当医院の特徴

【院長紹介】
院長 小野 文明
≪経歴≫
千葉大学医学部卒
国立循環器病センター 心臓血管内科レジデント
横須賀市立市民病院 循環器科医師
国立循環器病センター 心臓血管内科医師(厚生技官)
横浜市立大学附属病院 循環器内科指導診療医
三保町内科・循環器クリニック開院
≪専門医・認定医・所属学会≫
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医

【ご挨拶】
統計によるとわが国の死因のうち、心臓病や脳卒中などの循環器の病気は29%を占めており、これはがんと同じくらいの割合です。
また、ねたきりの方は約40万人もいますが、そのうち約45%は脳卒中などの循環器の病気が原因とされています。
私は12年あまり心臓病・高血圧などの循環器疾患を中心とした内科診療を横浜市立大学附属病院や国立循環器病センターといった高度医療施設から市中病院において行ってまいりました。
その経験の中で痛感したのは、心筋梗塞や脳梗塞を発症・再発されてしまった患者さんの多くでその前にある高血圧・コレステロールや中性脂肪の異常である脂質異常症・糖尿病・禁煙のコントロールが不十分であったことがあります。
そこで、循環器診療の専門性を地域に還元することと、地域における内科診療の幅広い役割を果たすことを目的に本年9月、緑区三保町において、三保町内科・循環器クリニックを開院することと致しました。
クリニックの理念に掲げたとおり、心と知識・技術をもって皆様の生命と健康をお守りする所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【クリニック理念】
・病める人の辛さと、生きる喜びに共感する
・知識と技術をもって患者の生命と健康を守る
・地域にあって世界レベルの内科プライマリーケア、循環器疾患一次・二次予防を提供する

【診療内容】
≪内科≫
高血圧、脂質異常症(コレステロール、中性脂肪の異常)、糖尿病(耐糖能障害≒境界型糖尿病を含む) 高尿酸血症・痛風など代謝性疾患、感冒・急性気管支炎、ぜんそく、肺炎、肺気腫(慢性閉塞性肺疾
患) などの呼吸器疾患、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、
ヘリコバクター・ピロリ感染症、急性腸炎、脂肪肝、 肝炎
などの消化器疾患、頭痛(片頭痛、緊張性頭痛)、脳卒中
後遺症および二次予防、めまい、しびれなどの神経疾患
≪循環器内科≫
狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、肺高
血圧、肺塞栓症慢性期、血管疾患
≪生活習慣病≫
高血圧、脂質異常症(コレステロール、中性脂肪の異常)、
糖尿病

【連携病院】
横浜市立大学附属病院
横浜市立大学附属市民総合医療センター
昭和大学横浜市北部病院
昭和大学藤が丘病院
横浜労災病院
長津田厚生総合病院
横浜新緑総合病院

交通アクセス・周辺環境

≪電車≫
JR横浜線・横浜市営地下鉄中山駅、JR横浜線十日市場駅

≪車≫
新治町交差点から南(三保小学校側)に約200m、三保団地入口交差点からガソリンスタンド側に入り約300m

≪バス≫
横浜市営バス23系統新治町バス停から徒歩3分、横浜市営バス三保小学校入口からすぐ

【当院のホームページへ】

 

  • Adwords